自己破産や民事再生…弁護士と司法書士が扱う書類

借金を法的に整理しようと思ったときには通常、弁護士または司法書士に依頼して、債務整理の代行申請依頼を行うことになるのが一般的です。このとき、自己破産かあるいは民事再生か、いずれを選ぶのかあるいはさらに別の方法を選ぶのかで判断することが多くなりますが、自己破産にしろ民事再生にしろその他の方法にしろ、特徴が分かれているため自分にとってどの方法が一番いい方法なのかをよく考えてもらわなければいけません。
自己破産と民事再生の最大の違いは、裁判所の許可が下りたときに財産のほとんどと借金が無くなるのか、あるいは借金を減額してもらってその分の返済で済ませるのかといった差が出てくることです。ただ、自己破産の場合は破産者名簿に名前が掲載され、その後において当分の間、一部の仕事に就労が出来ないといったペナルティも大きくなります。よほどのことがない限りは、選択がし辛い整理方法です。
提出すべきものも当然ながら異なり、毎月一定額の返済を行うために毎月の収入と支出を示す書類の作成を行わなければなりません。ただ、共通するものもあり、自動車などの財産価値があるものなどは一覧表のようにまとめるなどして、提出を行っていきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿