相続税と相続税対策の賢い考え方

親戚で亡くなった人いる場合は遺産の問題を考える必要があります。
その時に遺産にかかる税金が気になりますが、一般的な家庭であれば多くの場合はかかりません。

 
具体的な税率については専門家に相談したほうがいいのですけど、普通相続をする時は3000万円から5000万円ほどが控除されます。
この額を基礎控除と呼び基本部分が3000万円で、親族の数に600万円をかけた額をそれに足します。

犬03
遺産を受ける親族が3人であれば基礎部分が3000万円で、3人ですからプラス1800万円と合わせて4800万円まで非課税になります。
このように相続の税は非課税になる分が大きいので、多くの場合は払う必要がないです。

 
ただ都心に土地を持っていた場合などは、かなり高額になる事があります。
そのような高額の税になる場合は、別の特例措置を利用することができます。
遺産相続をする時は条件によっては、税金を大幅に下げれるようになっています。

 
例えば本来であれば多額の負担になる場合でも、特例を利用すればほとんど税金を払わないですみます。
しかしこの特例は申請しなければいけないので、専門家に判断してもらわないと対処ができない欠点があります。
遺産相続と税の問題は難しいですが、適切な対処をしておけば大きな問題になることは少ないです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿