多重債務者のへの債務整理手続きも

裁判所が行っている債務整理にはいくつかの手続きがあります。これには特定調停手続と個人再生手続、破産手続などがあります。
特定調停手続とは、債権者と話し合いをすることにより返済方法を見直し、立て直すための手続きです。返済額や返済回数などを民間から選ばれた調停委員と話し合い、合意に向けた調整と経済的再生を図ります。この時、合意に至ることができなくても裁判所は適切と判断された返済方法などを決定することが可能です。このことに両者から異議が出なければ合意とみなされ、その内容通りに返済を行うこととなります。
個人再生手続とは、法律で決められている手続きによって支払い計画を立てる手続きのことです。債務者の将来の収入によって法律で決められた一定額よりも多くの債務を分割して支払うための計画を立てます。債権者の意見も聞き入れた上で裁判所がその計画を認めた場合、計画通りに支払いを行えば残りの債務が免除されるという特徴があります。この時、手続きに反対する債権者がいた場合にもこれに含まれます。また一定の条件を満たしていれば住宅ローンがある場合でも家を手放さずに済みます。
破産手続は、債務者の財産を金に換え債権者へ分配するための手続きです。全財産を充てても返済が不可能となった場合に行われるもので、債権者へは公平に分配されます。支払い義務を免除することによって、経済的な立て直しを図る免責手続を利用することも可能です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿