少額トラブルなら代理人にも

司法書士は、裁判所や法務局に提出する書類の作成をつかさどる専門職であり、弁護士に依頼するには至らないような法律上のトラブルについて、本人がみずから訴訟をするにあたり、それを正確な書類を作成するという面でサポートをする業務を、これまでにも数多く実施してきたところです。
しかし、訴訟において本人の代理として法廷に立って主張を述べたり、相手と交渉をして和解をしたりといったことは認められず、こうしたことがらは、もっぱら弁護士の役割とされていました。
その後、2002年に司法書士法が改正されたことから、簡易裁判所が管轄しているような事件、より具体的にいえば、訴訟の対象が140万円以下の少額トラブルについては、本人の代理人として司法書士が交渉をしたり、裁判の手続きを行ったりということが認められるようになりました。
こうした少額トラブルの解決ができるのは、一定の研修を受けた上で考査に合格し、法務大臣に認定された、いわゆる認定司法書士とよばれる人だけですが、いまでは多くの司法書士がこのような認定司法書士として活躍していますので、少額トラブルであって、弁護士よりも比較的安価な費用で対応したい場合には、司法書士に依頼をするのが適当といえます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿