司法書士が作成できる書類

司法書士は、不動産売買などで新規に不動産を購入した場合にその登記業務を主に扱うことで依頼されることが多い法律の専門家です。不動産の取得は、登記をすることによって第三者に対する対抗要件となり、第三者に対して所有権の取得を主張することが出来るためです。

司法書士には、登記業務の他に裁判所や法務局に提出する書類などの作成を行なうことができ、簡易裁判所による民事訴訟でも当事者を代理することが可能です。つまり訴状を書いたり、答弁書を書いたりすることを代理できるため、裁判事務に使用する書類を作成できます。

司法書士が近年、活躍する現場としては、遺産を所有されている方が亡くなった場合に発生する相続手続き業務です。遺言書の作成から相続人の調査・確定、遺産分割協議書の作成などを遺族の依頼を受けて代理して作成を行ないます。

また相続登記や相続放棄の手続き、家庭裁判所に対する調停や審判の申立書の作成なども出来るので、相続に関わるほとんどのことを業務として行うことが出来ます。なお簡易裁判所での案件では弁護士のように当事者を代理して法廷に立つことも可能です。

ただ簡易裁判所よりの上級裁判所においては、当事者に代わって出頭して法廷に立つことは出来ませんが、裁判所に提出する訴状や答弁書などの書類を書くことが出来ます。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿