成年後見人のやるべきこと

成年後見人は、高齢で認知症になってしまったり、知識障害や精神障害が理由となって、判断能力が不十分な状態に置かれている人の権利や尊厳を守ることがその役目となっています。
そのため、日常的な成年後見人の仕事としては、本人に代わって、治療や介護が受けられる施設に入所するための契約を締結したり、本人が持っている財産を適切に管理したりということになります。
ただし、成年後見人がひとりよがりに仕事をしてしまうと、かならずしも本人の利益にならないケースもありますので、家庭裁判所や成年後見監督人の監督に服するということになっています。
成年後見人は家庭裁判所から選任されますが、その初仕事としては、本人の財産目録などを作成して、成年後見監督人人に提出するというものがあります。
その後も定期的に本人のためにどのようなことを行ったのかをレポートにまとめて家庭裁判所や成年後見監督人に提出する必要があるほか、場合によっては家庭裁判所まで出向いて説明をすることもあります。
また、成年後見人がもしも引っ越しをして住所を移転した場合には、そのことを家庭裁判所に報告しなければならないほか、成年後見登記として登記されている事項についても、書き換えをしなければならないことになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿