裁判で相続問題が争われるケース

後継者問題の話はよく聞きますが、その中でも店舗を経営している方で綺麗にお店をたたみたい場合にはどうしたらいいのかという相談があります。

犬06

 

本来であれば後継者に経営権を渡してそのまま店舗を残して続けて欲しいが、自分達の代の借金や諸問題をそのまま引き継がせるのは心苦しいので、店舗不動産を手放し事業そのものを撤廃すると言う考え方です。多くは経営難に陥っている家族経営の店舗を指しますが、価値をよく調べない状態で先代が亡くなった後の事後処理で遺言書のままに手続きを勧めようとして身動きが取れなくなる場合です。

 

この例ですと不動産価値がある事を前提に事を進めるわけですが、そもそも時間の経過に伴って価値も変わりますので、評価額が相当前に出されたものの場合には注意が必要です。

 

いざと言うときに店舗不動産を償却して負債を清算してもらうつもりで残したものなのに、それが不十分な価値しかなかったり場合によっては価値どころか負債の上乗せになることにでもなれば、そのまま相続問題で足元をすくわれてしまうからです。

 

このようなケースでの対処法で一番確実なことは、数年ごとに遺言書を見直し、お持ちの財産の価値を解る形で査定なさる事です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿