任意整理・過払い金トラブル!弁護士と司法書士はここが違う

弁護士は法律業務をすべて行うことができるのに対して、司法書士は登記・供託を扱う資格ですので基本的には任意整理は行なうことが出来ません。しかし、弁護士が不足する地域などへの対応のため、法務省から認定を受けた認定司法書士ならば、簡易訴訟代理等関係業務を行うことができるようになりました。具体的には、140万円以下の民事事件の相談・交渉・和解をする権限が与えられます。
認定司法書士であっても、できることには制限がつきます。任意整理や過払い金の依頼を司法書士にしたとしても、借金の金額や過払い金の金額が140万円を超えることが判明すると、司法書士では交渉ができなくなるため、途中で解任して弁護士に切り替える必要があります。また、代理人として訴訟ができるのは簡易裁判所までですので、上訴された場合、地方裁判所以上では弁護士が必要になります。
弁護士と司法書士ではこのような違いがあります。司法書士のほうが費用を安く抑えられるので、明らかに過払い金の金額が140万円を超えない場合には司法書士に依頼するのもいいかもしれません。しかし、相手が争ってきて上訴される可能性があるならば、地方裁判所以上では弁護士が必要になるので、最初から弁護士に依頼をしたほうがいいでしょう。弁護士にしても司法書士にしても、最初は無料相談をしてくれるところが多いので、まずは無料相談をしてみてから決めることがお勧めです。数ヶ月~半年程度の長い付き合いになるので、人間的な相性も重要になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿