【解決への近道】弁護士と司法書士の違いとは?裁判とのつきあい方

弁護士と司法書士の違いは、簡単にいうと「扱える仕事の範囲」です。
弁護士は、事件や争いごとについて予防法・対処法・解決法などを助言するのが仕事です。
そういった仕事は、弁護士以外の人が行うと法に触れてしまいます。
司法試験をクリアできるだけの能力がない人が行うと、社会の秩序が乱れるおそれがあるからです。
そのため、司法書士は、法律行為の代理や法律相談を行うことはできません。
ただし、法務大臣から認定されれば、簡易裁判所においてのみ、訴訟の代理権を得ることができます。
つまり、法律行為の代理や法律相談を行えるということです。
とはいえ、扱える金額には「140万円以下」という上限があります。
簡易裁判所で扱えるのは、訴額が140万円以下の事件のみなので、そこに縛られざるをえないのです。
つまり、140万円を超える事件については、代理人となることも相談を受けることもできないということです。
もし行ってしまうと、懲役を科されるおそれもあります。
ですから、相談の最中に140万円を超えることが分かったら、すぐにやめなければなりません。
また、相手と交渉している時に、請求できる金額が140万円を超えると分かった場合も同様です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿