順位のつけ方と分配方法

ある人が亡くなったときに、その財産を受け継ぐことを相続と言います。亡くなった人が遺言書を残している時は、それにしたがって財産が受け継がれます。これを「遺言相続」といいます。

 

しかし、遺言書がない場合は、法律にしたがって財産が受け継がれます(「法定相続」)。法律上の婚姻関係である、配偶者は常に相続者になります。「常に」という点は、他の相続人にはない特別な点です。

 

注意すべきなのは、長年一緒に住んでいたとしても籍が入っていない、いわゆる「内縁」の関係である場合、お互いに相続権はないということです。続いて、相続の第1グループに入るのが亡くなった方の子供のグループです。

 

つまり、亡くなった方の子や、子が亡くなっている場合は亡くなった方の孫が対象となります。

 

続いて、第2グループは直系尊属、第3グループは兄弟となります。第2グループの直系尊属とは、亡くなった方の上、つまり亡くなった方の両親や祖父母を指します。

 

第3グループの兄弟とは亡くなった方の兄弟や、その兄弟が亡くなっている場合は兄弟の子が対象となります。もしある方が亡くなった時に、その人に配偶者、子、親、兄弟がいない場合はその人の甥や姪に相続する権利が発生することになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿