遺産相続問題を丸く納めるポイント

平成26年4月からの消費税の増税に続き、税と社会保障の改革の一環として平成27年1月からは相続税の基礎控除額も現在の6割へと大幅に削減される予定となっています。

 

これまで5000万円あった基礎控除額が3000万円へと大幅に削減されますので、一部の富裕層のみが対象といわれていた相続税の納税対象者も首都圏などの地価の高い地区の持ち家所有者などを中心に大きく増えることになる見込みです。

???? Vol.124 ????????

なお、相続問題がこじれてしまい裁判にまで発展するのは、以外にも相続税の納税対象となるようなケースではないことをご存知でしょうか。そうしたケースでは持ち家が相続財産の大半を占めるケースが一般的で相続財産の分割が難しいことから親族間でトラブルになるケースが多いといわれています。

 

相続手続きについてスムーズに進めるためには事前に遺言等で遺志をしっかり示しておくとともに、法的に有効となる形で遺言書を残しておく方法が有効となります。事前に家族でしっかり話し合いをしておくことで遺産分割調停や遺産を巡るトラブルを避けることができるケースもあります。

 

事前に相続に関する問題点について税理士や弁護士など法律の専門家に相談をしておくのも有効な手段でるといえます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿