遺産相続で受け継がれる財産

遺産相続とは亡くなった人の財産を残された家族が受け継ぐことです。人が亡くなったときから自動的に発生し、金額の多い、少ないなどは全く関係ありません。

 
遺産相続されるものは、資産や土地といったプラス要因のほか、連帯保証債務や未納税などのマイナス要因も引き継ぐことになります。つまり被相続人に借金があれば、その借金を返済する義務は相続人に引き継がれることになります。それぞれの財産を受け取るか、または借金の支払いを拒否するかなどについては、法律上の手続きが必要になります。誰がどのように受け継ぐのかについては、法律で決められています。なお墓石や、先祖代々受け継いできた祭祀具に関しては、遺産相続の財産には含まれません。これらの祭祀に関する権利は、祭祀主催者に承継されることになります。

犬02
また資産と負債は両方を引き継ぐことが原則です。金銭的な面だけ考えてみると、資産が多い場合には受け取り、逆に負債が多い場合には破棄するのが妥当でしょう。ただその遺産に愛着がある場合には、その限りではありません。

 
このように遺産相続は非常に難しい問題です。あらかじめ負債も含めた資産を把握しておくことが、円滑に相続問題をすすめていくうえで非常に重要となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿