遺留分と遺留分権利執行のやり方

被相続人の財産を被相続人が死んだ場合に、誰にどのように相続又は贈与するのかを書面で残すことにより、法的な効力を発生させることができます。それが、遺言書と呼ばれるものです。遺言書は被相続人の最後の希望を記載したものですので、遺言書がある場合には、被相続人の意思にできる限り沿う形で遺産を分配することになります。

 
なお、遺言には、法律で定められた方法で作成されていないと、いくら遺言書という書面を残していたとしても効力が発生しません。

犬04
そのため、遺言書を作成する場合には専門家に相談したり、遺言に関する情報を揃えてから作成するのがよいでしょう。

 
また、被相続人の最後の意思だからといって、全てが被相続人の思い通りになるという訳ではありません。たとえば、被相続人が配偶者に全てを相続させて、子供たちには一切相続させないという、遺言を残していたとします。この場合、子供たちには被相続人の意思によっても侵害することのできない権利があるため、配偶者に対して減殺請求をすることにより、相続分の半分を取得することができます。

 
遺留分を有する相続人は、被相続人の配偶者、直系卑属(子、孫など)、直系尊属(父母、祖父母など)であり、相続分の半分の権利を請求することができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿