付随的違憲審査制と抽象的違憲審査制とは?

憲法は、国に基本方でその中ではこの国の統治機構の関係、司法、公務員のことだけではなく、人権についても多く規定があります。日本国憲法もとで人権は最優先に守られるべき権利であり、その侵害に対しては何人も許されません。こうした人権侵害並びに憲法の各条文に違反している状況を正していく制度が違憲審査制で、この機能があるからこそ、この社会で人権侵害されず、憲法の予定する調和が生まれ、安心して生活が送ることができるわけです。
この違憲審査制には。二つの考えた方があり、ひとつは付随的違憲審査制、もう一つは抽象的違憲審査制です。付随的違憲審査制は、具体的な事案の中でその人権侵害などの違憲状態を判断するもので、たとえばある法律が薬局の設置に範囲に制限をしたことは経済活動の自由に違反するなど、具体的に行政などの規制されて侵害が生じたと思われるときにその違憲合憲を判断する方法で現行制度はこれに該当します。一方の抽象的違憲審査制は、具体的な法律の争いを経ることなく、法律は制定された段階で、憲法栽培所などが一般的な訴えとして違憲合憲の判断をするシステムで、現行の日本ではこの手続きがないので、この制度は存在しません。付随的違憲審査制と抽象的違憲審査制のメリットは、前者は現実に即した憲法判断が可能で、後者は早い人権救済が可能とされいます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿