法律的支援の成年後見制度について

知的障害を持つ方や認知症を患っている方、また高齢者の方など意思能力が充分でない方のサポートとして成年後見制度というものがあります。この制度には任意制度と法定制度の二つがあり、前者は将来の判断能力の衰えを見越してあらかじめ法律行為を行ってくれる人を自分で選ぶ制度で、後者は法的な手続きにより選任された人が、該当者の財産や法律行為を管理する制度です。後者の場合は本人の他、配偶者者4親等内の親族でも申請を行うことができ、身内がいない場合は各自治体でも申請ができることになっています。気を付ける点としてはどちらも誰でもなることができるというものではなく欠格事由があるということです。例えば未成年者や破産者はなることができません。日々の生活における様々な契約行為に対して責任を負うわけですのでそういった意味では一定の資格があることは当然と言えば当然と言えます。日本はこれからますます高齢化が進み、独居の老人も数が増えてくることが予想されます。今は全国に法律的支援を行ってくれる成年後見センターが存在し、気軽に相談できる環境ができています。自身もしくは身内にご高齢の方がいる場合には一度相談してみることがお勧めです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿