法定後見制度と任意後見制度を比較してみた

法定後見制度と任意後見制度は以下のように分類されます。
法定後見制度とは精神に障害があって判断能力が不十分な状態になった時、家族などが家庭裁判所に後見人の選任を申し立てて、家庭裁判所が後見人の選任を行う制度です。後見人の選任は裁判所が行い、申し立て側の人が自由に選ぶことはできません。法定後見人に選ばれた人は日常生活に関わることを除き、財産の管理や様々な法的手続きを代行したり、または不利益になる契約を取り消したりできます。
任意後見制度は今は契約に必要な判断能力を有していますが、将来認知症などで判断能力を失った時に備えて後見人を指名しておく制度です。公証人役場にて任意後見人契約書を作成する必要があります。法定後見制度と違って後見人を自由に選ぶことができます。任意後見制度は自分のライフプランを実行するための制度です。そのため後見人が補佐する範囲も法定後見制度と比べて柔軟に決定することができます。自分の生き方は自分で決めるという自己決定権の尊重という観点からも利用増加がのぞまれている制度です。法定後見制度と大きく違うのは取消権がないことです。本人の不利益になると後見人が気付いても、その契約を代って取り消すことはできないので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿