判断能力によって種類がある法定後見制度

成年後見制度とは、知的障害又は精神障害等により判断能力に衰えが出た者が、生活面や法律面で不利益を被らないように、保護、支援する制度です。
そして、この制度には任意後見制度と法定後見制度があります。ここでは、法定後見制度について説明していきます。
法定後見制度には、後見、補佐、補助の3種類があり、精神上の障害の程度により支援の詳細等が、区別されています。
まず、後見についてですが、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者で、一定の者の請求により、家庭裁判所で後見開始の審判を受けた者を成年被後見人とし、保護や支援を図ることになります。
そして、その支援者を成年後見人として、成年被後見人が単独でした日用品の購入その他日常生活に関する行為以外の法律行為を取り消すことが出来ます。更に、成年被後見人が単独で出来る身分行為以外の法律行為を代理して行えます。
次に、補佐についてですが、精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分な者で、一定の者の請求により、家庭裁判所で補佐開始の審判を受けた者を被保佐人とし、支援者を保佐人として、被保佐人のため同意権を持ち、被保佐人のした一定の重要な法律行為についてのみ、被保佐人が保佐人の同意を得ずに単独でした場合には、取り消すことができます。
最後に補助についてですが、成年被後見人や被保佐人の程度に至らない軽度の状態にある者で、上記同様に家庭裁判所の審判を受けた者を被補助人とし、支援する者を補助人とします。そして、代理権や同意権を補助開始の審判時に付与することが出来ます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿