弁護士トラブルを防ぐ:費用が明確ですか?

弁護士の費用には、着手金、報酬金と実費の3種類あります。
その依頼内容に応じた金額が明確に設定されているものです。
それぞれの事務所によって設定された金額も違います。
見積もりをするだけなら無料の場合が多いので、
まずは見積もりをしてもらうことが重要です。

1:着手金とは
着手金は弁護士に依頼する時に発生する費用のことです。
事件が不成功でも返却されることはありません。
請求予定の金額を基礎として計算されて、
事件の難易度や見通しによって変動します。
着手金を掛けることによって事件を依頼するかどうかを検討します。
お互いに納得した上で依頼するようにしましょう。

2:報酬金とは
報酬金は事件の成功に対して支払う費用のことです。
訴訟の成功した度合いによって変動します。
例えば、200万円の請求をしていて、160万円を回収できたとします。
この時の報酬金を10%に設定していると支払う報酬金は、
回収できた160万円の10%の16万円ということになります。

3:実費
実費は通信費や交通費などの費用のことです。
最初にいくらかを預けておいて足りなければ追加でしはらいをし、
余ったら返してもらえます。

トラブルを防ぐためにはまずは見積もりをしてもらい、
これらの弁護士の費用を明確にしておくことが賢明です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿