‘2014/09’ カテゴリーのアーカイブ

裁判で相続問題が争われるケース

2014/09/04

後継者問題の話はよく聞きますが、その中でも店舗を経営している方で綺麗にお店をたたみたい場合にはどうしたらいいのかという相談があります。

犬06

 

本来であれば後継者に経営権を渡してそのまま店舗を残して続けて欲しいが、自分達の代の借金や諸問題をそのまま引き継がせるのは心苦しいので、店舗不動産を手放し事業そのものを撤廃すると言う考え方です。多くは経営難に陥っている家族経営の店舗を指しますが、価値をよく調べない状態で先代が亡くなった後の事後処理で遺言書のままに手続きを勧めようとして身動きが取れなくなる場合です。

 

この例ですと不動産価値がある事を前提に事を進めるわけですが、そもそも時間の経過に伴って価値も変わりますので、評価額が相当前に出されたものの場合には注意が必要です。

 

いざと言うときに店舗不動産を償却して負債を清算してもらうつもりで残したものなのに、それが不十分な価値しかなかったり場合によっては価値どころか負債の上乗せになることにでもなれば、そのまま相続問題で足元をすくわれてしまうからです。

 

このようなケースでの対処法で一番確実なことは、数年ごとに遺言書を見直し、お持ちの財産の価値を解る形で査定なさる事です。

相続問題で裁判をするのか

2014/09/04

相続問題に関する事は家庭裁判所の管轄になります。

 

家事事件と呼ばれている家庭の中での紛争や問題事などは感情問題がありますので、非公開による裁判が行われます。

 

ところで、相続問題についてですが、遺産相続権がありますのは法律で覚められているところの身内の方々です。それに関して、遺書がある場合は専門家同席の下で遺言が開示されます。遺書は生前のご遺族の方の意志でもありますので、尊重されるべき権利であるとえます。

 

ところが、遺書が万全でない場合は遺産相続に関しまして遺族間で話し合いが行われます。そんな時に、専門家でもあります弁護士や司法書士に相談する場合もありますが、それが発展しまして裁判を行うのかがポイントになってきます。

 

当然ですが、裁判を行いますとそれに伴いまして費用がかかります。

 

遺産分割審判と言われています、裁判ですがある程度話し合いで解決出来る場合は、それに越したことはありません。

 

どのように遺産相続問題を解決するのが最も望ましいのかということは遺族間でとことん話し合いがなされるべきであると言えます。それが難しいようでしたら、専門家を交えて法律にのっとった話し合いが必要になります。それでも、難しいようでしたら遺産分割審判の手続きをとります。

遺産相続問題を丸く納めるポイント

2014/09/04

平成26年4月からの消費税の増税に続き、税と社会保障の改革の一環として平成27年1月からは相続税の基礎控除額も現在の6割へと大幅に削減される予定となっています。

 

これまで5000万円あった基礎控除額が3000万円へと大幅に削減されますので、一部の富裕層のみが対象といわれていた相続税の納税対象者も首都圏などの地価の高い地区の持ち家所有者などを中心に大きく増えることになる見込みです。

???? Vol.124 ????????

なお、相続問題がこじれてしまい裁判にまで発展するのは、以外にも相続税の納税対象となるようなケースではないことをご存知でしょうか。そうしたケースでは持ち家が相続財産の大半を占めるケースが一般的で相続財産の分割が難しいことから親族間でトラブルになるケースが多いといわれています。

 

相続手続きについてスムーズに進めるためには事前に遺言等で遺志をしっかり示しておくとともに、法的に有効となる形で遺言書を残しておく方法が有効となります。事前に家族でしっかり話し合いをしておくことで遺産分割調停や遺産を巡るトラブルを避けることができるケースもあります。

 

事前に相続に関する問題点について税理士や弁護士など法律の専門家に相談をしておくのも有効な手段でるといえます。

遺贈で知っておくべきこと

2014/09/04

遺贈とは、遺言によって遺言者の相続財産の全部または一部を他人に贈与(無償で与えること)することをいいます。

 

一般的に遺言書では、法定相続人以外の者に遺産を与える場合に「遺贈する」という書き方をしますが、相続人に対しても遺贈することができます。法定相続人ではない人に対して無償で遺産を与えるにはこの方法以外ありません。

 

遺贈を受ける者は法定相続人である必要はないため、財産を与えたいと思う相手がいる場合には、個人・法人を問わず、その相手方に対して自由に自分の財産を譲り渡すことができます。受遺者(遺贈によって利益を受ける者)は遺贈を拒否することもできます。

 

「全財産を与える」または「遺産の3分の1を与える」というように、一定の割合を示してする包括贈与のことを包括遺贈といいます。この場合には、通常の相続の場合と同じように、遺贈されていたことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に対して、遺贈の放棄または限定承認を申述することができます。これに対して、特定の財産(例えば土地など)を指定して行う特定贈与のことを特定遺贈といいますが、この場合には、遺言者の死亡後いつでも遺贈を放棄することができますので、家庭裁判所に対して申述する必要はありません。法定相続人でない者への包括遺贈の場合には、遺産分割協議に法定相続人でない者も加わることになります。

 

そうすると、実際に他の法定相続人から反感を買うこともありますので、遺贈者は、特定遺贈にした方が無難であるとも言えます。

遺留分と遺留分権利執行のやり方

2014/09/04

被相続人の財産を被相続人が死んだ場合に、誰にどのように相続又は贈与するのかを書面で残すことにより、法的な効力を発生させることができます。それが、遺言書と呼ばれるものです。遺言書は被相続人の最後の希望を記載したものですので、遺言書がある場合には、被相続人の意思にできる限り沿う形で遺産を分配することになります。

 
なお、遺言には、法律で定められた方法で作成されていないと、いくら遺言書という書面を残していたとしても効力が発生しません。

犬04
そのため、遺言書を作成する場合には専門家に相談したり、遺言に関する情報を揃えてから作成するのがよいでしょう。

 
また、被相続人の最後の意思だからといって、全てが被相続人の思い通りになるという訳ではありません。たとえば、被相続人が配偶者に全てを相続させて、子供たちには一切相続させないという、遺言を残していたとします。この場合、子供たちには被相続人の意思によっても侵害することのできない権利があるため、配偶者に対して減殺請求をすることにより、相続分の半分を取得することができます。

 
遺留分を有する相続人は、被相続人の配偶者、直系卑属(子、孫など)、直系尊属(父母、祖父母など)であり、相続分の半分の権利を請求することができます。

遺言の考え方とと遺言書の書き方

2014/09/04

遺言書は、15歳以上であれば有効に作成することができるとされています。

 
なお、遺言書を作成する方法は法律で定められているため、それと異なった遺言書を作成した場合には効力が発生しないこともあります。

 
遺言書に記載する内容は、通常は遺産の分割方法であるが、それ以外にも遺言者の気持ち(兄弟仲良く、なぜこのような分割方法にしたのか等、「付言」と呼ばれています。)を記載することもできます。遺産分割の方法を指定した部分については、法律行為であるため法的な効力を有しますが、それ以外の遺言者の気持ち等を記載した部分は法律行為ではないため法的な効力は有しません。しかし、遺言者の気持ちを遺言書に残しておくことで、相続人間で争いを避けることができる可能性もあります。

 
遺言の方法には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

 
自筆証書遺言とは、全て自筆で作成しなければならず、ワープロやパソコンで作成した場合には法的な効力はありません。一番手軽に作成することができますが、遺言を作成したことを誰にも伝えていなければ、せっかく作っていた遺言書が発見されないまま相続が終了する危険性もあります。

 
公正証書遺言は、公証人に遺言書を作成してもらい、遺言書の原本を公証役場に保管してもらいます。また、公正証書を作成する場合には、証人として2人以上の成人の立会いが必要になります。そのため、自筆証書遺言に比べて遺言書の存在は発見されやすいと思います。

相続税と相続税対策の賢い考え方

2014/09/04

親戚で亡くなった人いる場合は遺産の問題を考える必要があります。
その時に遺産にかかる税金が気になりますが、一般的な家庭であれば多くの場合はかかりません。

 
具体的な税率については専門家に相談したほうがいいのですけど、普通相続をする時は3000万円から5000万円ほどが控除されます。
この額を基礎控除と呼び基本部分が3000万円で、親族の数に600万円をかけた額をそれに足します。

犬03
遺産を受ける親族が3人であれば基礎部分が3000万円で、3人ですからプラス1800万円と合わせて4800万円まで非課税になります。
このように相続の税は非課税になる分が大きいので、多くの場合は払う必要がないです。

 
ただ都心に土地を持っていた場合などは、かなり高額になる事があります。
そのような高額の税になる場合は、別の特例措置を利用することができます。
遺産相続をする時は条件によっては、税金を大幅に下げれるようになっています。

 
例えば本来であれば多額の負担になる場合でも、特例を利用すればほとんど税金を払わないですみます。
しかしこの特例は申請しなければいけないので、専門家に判断してもらわないと対処ができない欠点があります。
遺産相続と税の問題は難しいですが、適切な対処をしておけば大きな問題になることは少ないです。

順位のつけ方と分配方法

2014/09/04

ある人が亡くなったときに、その財産を受け継ぐことを相続と言います。亡くなった人が遺言書を残している時は、それにしたがって財産が受け継がれます。これを「遺言相続」といいます。

 

しかし、遺言書がない場合は、法律にしたがって財産が受け継がれます(「法定相続」)。法律上の婚姻関係である、配偶者は常に相続者になります。「常に」という点は、他の相続人にはない特別な点です。

 

注意すべきなのは、長年一緒に住んでいたとしても籍が入っていない、いわゆる「内縁」の関係である場合、お互いに相続権はないということです。続いて、相続の第1グループに入るのが亡くなった方の子供のグループです。

 

つまり、亡くなった方の子や、子が亡くなっている場合は亡くなった方の孫が対象となります。

 

続いて、第2グループは直系尊属、第3グループは兄弟となります。第2グループの直系尊属とは、亡くなった方の上、つまり亡くなった方の両親や祖父母を指します。

 

第3グループの兄弟とは亡くなった方の兄弟や、その兄弟が亡くなっている場合は兄弟の子が対象となります。もしある方が亡くなった時に、その人に配偶者、子、親、兄弟がいない場合はその人の甥や姪に相続する権利が発生することになります。

最近の投稿